moukonn

ワキガは毛根から脇毛を抜くことで毛穴を傷つけにおいを悪化させる

脇毛を毛根から抜くことでワキガのにおいを悪化させます。中でもワキガの方の毛根は太く毛穴を傷つける可能性が高いです。また脇毛がなくなることでワキガのにおいは軽減されますが、抜いても毛は再び生えてきます。抜く度に毛穴を傷つけているだけです。

脇毛は毛根から抜いても意味がない

moukonn

ワキガ対策に脇毛を脱毛することはおすすめですが、脇毛を抜いて処理することはおすすめできません。毛穴の奥にある毛根は太く、抜く際に毛穴の中にあるアポクリン腺を刺激してしまいます。また、あまり無理に抜き過ぎると出血を伴います。

ワキガの人の毛根は太い

ワキガの原因であるアポクリン腺は毛穴の中にあります。そのため、脇毛が太い方や毛が多い方がワキガになりやすいです。脇毛の太い方は毛穴も太く中にある毛根が太いです。普通の人より抜きづらく無理に抜くとアポクリン腺を刺激しにおいが悪化する危険性があります。

脇毛は抜くことや剃ることより脱毛

脇毛は毛根から抜くことで剃ることより、すぐに毛が生えることを抑えられます。そのため、ワキガ対策に抜いている方もいますが、これがそもそもの間違いです。脇毛は毛根から抜いても再び生えてくるため、抜くより剃るほうが毛穴を傷つけにくいです。もちろん、剃ることも肌を傷つけているため毎回剃るようであれば、脇毛を永久脱毛する方が良いです。

毛根はないほうが良い

毛根の主な成分は毛と同じでたんぱく質と皮脂が付いていることがあります。毛穴が汚れ毛根に付着することでアポクリン腺の汗と混じり、においを悪化させる可能性もあります。毛を清潔に保つことができないのであれば、脱毛で毛根ごと取り除いたほうがにおいを抑えられるかもしれません。

ワキガは脇毛を脱毛するだけでも抑えられる

ワキガ対策にはアポクリン腺を除去する手術が一番効果は高いです。しかし、脇毛を脱毛することでにおいを抑えられることもあります。脇が汗をかきにくい状況のためには脇毛は必要ありません。特に女性はほとんどの方が脇毛を脱毛しています。アポクリン腺を除去する手術より一般的にできるため、まだ脇毛を脱毛したことのない方は行ってみても良いかもしれません。

ワキガクリーム 脇の臭い

wakigajinkou
wettish

ワキガ対策のためにウェットティッシュで脇を拭くことは意味がない

「ウェットティッシュでワキガ対策!」と言っていますが、ウェットティッシュにワキガ対策の成分が含まれていません。コスト的にも安く済むことで多用している方が多いです。さらに、ウェットティッシュで一時的ににおいを放つ成分を拭き取ることができても脇が濡れることで菌は増殖します。

続きを読む

ワキガ手術を受けた後でも臭っていないか常に気になります

自分がワキガだと気付いたのは中学2年生の時でした。自分よりもっと臭いの強い女の子がクラスにいたので、周りにはあまり気づかれていなかったと思いますが、いつばれるか常にびくびくしながら消臭スプレーなどでごまかしていました。制服などの合成化繊の服は特に蒸れてしまうので、高校は私服の学校を選びました。しかし社会人になった時、また制服があり、臭いが気になるようになりました。ワキガ用の制汗クリームを使ったりして気を付けていたのですが、ある日やんわりと後輩に臭うことを指摘されてしまいました。あまりにもショックで、貯金をはたいてクリニックにかけこみ、日帰り手術を受けました。それからは臭いに悩まされることもなく過ごしていたのですが、出産を機に再び臭いが気になりだしました。手術の際、医師からも再発する可能性があることは伝えられていたので、「ああ、やっぱり…。」という感じでした。特に生理前になると臭いがきつくなる気がします。今は昔よりも様々なワキガ用の制汗剤が出ているので、ロールオンタイプのものを使ってしのいでいますが、街なかであの臭いがすると、自分が臭っているのかとドキドキしてしまいます。今6歳の娘が私と同じで耳垢が湿っているので、思春期に同じように悩む日が来そうで怖いです。